SBC相続サポートセンターで遺言 | 遺言は財産の分け方を決める大切なメッセージです

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

遺言とは

相続が起きたらまず遺言書の有無を確認

相続が起きたら、まず「遺言書」があるかどうかを必ず確認しましょう。

故人が生きている間に自分の配偶者や、子供または孫などに対し、ご自身の財産の分け方や、最後のメッセージなどを書面にて遺したものを「遺言書」といいます。
遺言書は一定の書式に基づいて書かれていれば、その内容がたとえ相続人の意に反する内容であったとしても、法的に拘束力のあるものとして、書いてあるとおりに財産を分割しなければなりません。

  

例えば、一旦相続人の間で分割方法が決まったとしても、後からその分割方法とは異なる内容の遺言書が見つかった場合、 相続人の間で決まった分割内容は却下され、後日見つかった遺言書の内容通りに財産を分割しなければいけなくなってしまう可能性があります。

  

何度も協議をやり直し、二度手間三度手間となり、相続人の間で揉め事にならないよう、まずは故人の「遺言」がないかどうかをしっかりと確認しましょう。

遺言書に関連する項目

遺言書はトラブルの原因になることもありますが、遺言書があるためにトラブルを避けることもできます。
この機会に遺言書について知ってみませんか。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

遺言書に関連する手続きの料金

私たちは、遺言書にかかわる様々な手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら
お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ