SBC相続サポートセンターで自筆証書遺言 | 生前に本人の直筆により書く方法です

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、文字通り、本人の直筆により書かれた遺言です。
他の作成方法と違い、自分の直筆で、証人等の立会もなく、費用もかからず作れるため、お手軽に作成することができます。
しかし自分で作成できるが故に、記載内容や様式等を誤って作成してしまうこともあり、場合によっては遺言書の内容が無効となってしまうことがあります。
世界に一つの自筆で書かれた遺言書となりますので、紛失したり、破損したりという点でも取り扱いに注意が必要です。
また故人が生前に自筆証書遺言を書かれている場合、その保管場所を探すことが一苦労です。
亡くなった方が生前保管していそうな場所を自宅で探すか、もしくは生前懇意にしていた、ご友人や、弁護士、税理士等に、遺言を預かっていないかどうか確認してみるしかありません。

自筆証書遺言は、家庭裁判所での検認手続きが必要です

自筆証書遺言を発見した場合には、速やかにその遺言を、亡くなった方が最後に住んでいた住所地の管轄裁判所(家庭裁判所)に持参して、検認手続きをしてもらう必要があります。(民法1004条)

管轄裁判所はこちらから確認:外部サイト(裁判所の管轄区域一覧)を開きます

検認とは、家庭裁判所がその遺言書の存在と内容を確認し、相続人に知らせるとともに、後からその遺言書を偽造等出来ないように、検認日の遺言書の状態を明確にする手続きのことをいいます。

検認が済めば、はじめてその遺言が法的に有効かどうか判断することになります。
手書きで書いてある場合は、内容や書式もご自身で調べられて書いている場合が多いので、その遺言記載の内容が果たして本当に法的に有効なものなのかどうか、弁護士等の専門家に確認してもらい、財産分割を進めていきましょう。

【遺言書の検認手続き】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

遺言書に関連する項目

遺言書はトラブルの原因になることもありますが、遺言書があるためにトラブルを避けることもできます。
この機会に遺言書について知ってみませんか。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

遺言書に関連する手続きの料金

私たちは、遺言書にかかわる様々な手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ