SBC相続サポートセンターで秘密証書遺言 | 内容を明かさずに作成する方法です

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは

秘密証書遺言とは、自分で作成した遺言を、公証役場にて、公証人と証人2名立会のもと、記載した内容を秘密にしたまま作成できる遺言です。

公証人とは

秘密証書遺言についても、自筆証書遺言同様、まずその保管場所を探すことが一苦労です。
というのも、公正証書遺言と同様に公証役場で作られるので、作成場所で保管されているかと思われますが、自筆証書遺言は存在のみを証明してもらうだけですので、預かってはくれませんし、もちろん遺言書がどこに保管されているのかも教えてはくれません。
ですので、亡くなった方が生前保管していそうな場所を自宅で探すか、もしくは生前懇意にしていた、ご友人や、弁護士や税理士等に、預かっていないかどうか確認してみましょう。

秘密証書遺言には検認が必要です

秘密証書遺言を発見した場合には、速やかにその遺言を、亡くなった方が、最後に住んでいた住所地の管轄裁判所(家庭裁判所)に持参して、検認してもらう必要があります。
管轄裁判所はこちらから確認:外部サイト(裁判所の管轄区域一覧)を開きます

検認が済めば、はじめてその遺言が法的に有効かどうか判断することになります。
秘密証書で作成されている遺言についても、内容については法律の専門家である公証人は一切確認しておりませんので、その遺言記載の内容が果たして本当に法的に有効なものなのかどうか、じっくり判断し財産分割を進めていきましょう。

【遺言書の検認手続き】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

遺言書に関連する項目

遺言書はトラブルの原因になることもありますが、遺言書があるためにトラブルを避けることもできます。
この機会に遺言書について知ってみませんか。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

遺言書に関連する手続きの料金

私たちは、遺言書にかかわる様々な手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ