SBC相続サポートセンターで遺留分の減殺請求 | 相続財産を保証する権利です

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

遺留分の減殺請求

遺留分の減殺請求とは

遺言書が見つかり、その遺言に記載されている内容が、相続人の中の一人に対して極端に財産の分与が偏っているとします。
この場合、他の相続人の方はその相続人に対し、極端に少ない財産しか貰えないことになります。
民法には、一定の相続人に対し最低限保証されている相続の権利があります。
これを「遺留分(いりゅうぶん)」といいます。
そして、この権利が上記のような遺言によって侵害されている場合、事実上侵害をしていることになる多く財産を相続している相続人に対し、その権利を満たすだけの財産を請求することができます。
これを「遺留分の減殺請求」といいます。

遺留分の減殺請求には期限があります

遺留分の減殺請求を行う場合は、まずはその期限に気を付けなければなりません。
期限は通常相続開始から1年以内です。(民法1042条)
また、遺留分を請求出来る人は、兄弟姉妹を除く法定相続人のみとなり、その請求できる範囲は、法定相続分の2分の1となっています。(※両親または祖父母のみが相続人の場合3分の1)

遺留分の減殺請求の手続きについて

遺留分の減殺請求の手続きについては、特に決まった方法はありません。
裁判所や弁護士を通した請求の方法もあれば、直接個人間で請求するといった方法も可能です。
ただ後々のことを考えると、裁判所や弁護士を交えた第三者での手続きをするほうがいいでしょう。

【遺留分の減殺請求】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

遺言書に関連する項目

遺言書はトラブルの原因になることもありますが、遺言書があるためにトラブルを避けることもできます。
この機会に遺言書について知ってみませんか。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

遺言書に関連する手続きの料金

私たちは、遺言書にかかわる様々な手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら
お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ