SBC相続サポートセンターで準確定申告 | 故人の所得税の申告もお手伝いできます

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

準確定申告

“準”確定申告とは

準確定申告とは、年の途中で亡くなった方が行う、所得税の確定申告のことをいいます。
通常、個人の方の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、その所得の金額に応じた税額を算出し、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税を行います。

しかし、年の途中で亡くなった方については、1月1日から亡くなった日までの所得を計算し、その所得金額に応じた税額を算出した上で、亡くなった日の翌日から4ヶ月以内に、管轄の税務署に対して申告と納税をしなければなりません。
期限がある手続きの一つとなりますので、早めに税理士等の専門家に相談し、滞りなく進めていきましょう。

管轄の税務署の確認はこちらから:外部サイト(国税局の所在地及び管轄区域の一覧)を開きます

準確定申告の説明 亡くなった日の翌日から4か月以内の納税・申告

準確定申告は所得がある方や、年の途中で税金を徴収されている方は、必ず行うようにしましょう。
税金を追加で納めないといけない方は、申告期限までに納めないと追加で税金がかかってしまいます。

お金が返ってくることも!?

また逆に、準確定申告をすると税金を納めるだけでなく、既に支払った税金が戻ってくる場合があります。
上記に述べたとおり準確定申告とは、通常亡くなるまでの所得に応じた税金を納めることになりますが、亡くなった方が年の途中で税金の一部を前払いしていて、なおかつこの既に納めた税額が、最終確定した年間の所得に対する税額より多い場合、その上回った部分については、過払い分として相続人に還付されます。

還付されるかどうかは、人によって異なりますので気になる方はお気軽にお問合せください。

【故人の準確定申告】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

準確定申告に関連する項目

ご不明な点や不安な事など、お気軽にお問合せください。

準確定申告に関連する手続きの料金

私たちは、相続税に関する豊富な知識と経験、実績を持っています。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ