SBC相続サポートセンターのお手伝い | 戸籍謄本から相続関係を紐解きます

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

戸籍謄本とは

戸籍謄本で分かること

戸籍謄本には、戸籍の筆頭者とその家族の氏名や、生年月日、実父母の氏名及び実父母との続柄などといった情報が記載されていて、そこから故人の相続関係を紐解いていきます。

戸籍謄本の種類と内容を理解し、何度も市区町村役場に赴くことがないよう、事前確認してから取得しましょう。

戸籍謄本とは

原本をそのまま写したもので、戸籍事務をコンピューター化している自治体では、名称が全部事項証明と変更してある場合があります。

戸籍抄本とは

原本の一部を抜き出したもので、戸籍事務をコンピューター化している自治体では、名称が個別事項証明と変更してある場合があります。

改正原戸籍とは

戸籍法の改正や、戸籍の記載内容や様式が変更され、電子化される前のもとになった戸籍簿です。

除籍謄本とは

除籍とは、戸籍に入っている人がその戸籍から抜け出ることで、通常、死亡や結婚に起因して起こってきます。
除籍謄本とは、除籍したことを証する戸籍になります。

相続人に関連する項目

プライバシーに深くかかわる相続人の確認は、相続サポート20年の実績とノウハウを持つ私たちに、安心してご相談ください。
相続人について相談する(初回は無料でご相談を承っています。)

相続人に関連する手続きの料金

私たちは、相続人の確認などの手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ