SBC相続サポートセンターのお手伝い | 不動産の調べ方には様々な方法があります

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

不動産の調べ方

まずは固定資産税の納税通知書で確認

不動産の調査方法としては、まず亡くなった方が不動産を所有している場合、その不動産の所在する各市区町村から毎年4月頃に届く「固定資産税の納税通知書」を確認しましょう。
「固定資産税の納税通知書」には、その方が所有する不動産情報が記載されています。
ただ、上記書類だけでは、不動産をすべて把握するには不十分です。

次は「名寄せ帳」の写しで確認

所在する市区町村がわかったら、その市町村役場にて、亡くなった方の所有する財産全ての不動産が記載された「名寄せ帳」の写しをもらいましょう。
「固定資産税の納税通知書」だけでは、何人かで共有して持っている不動産が全て把握できない可能性があるからです。
その不動産が何人かで共有の場合、「固定資産税の納税通知書」は全員には届かず、持分の多い者や、所在地域内に在住する者、登記簿の記載順位を判断基準に、市区町村からは一名の者に送付されます。
その場合、自身に届く納税通知書だけ所有するすべての不動産は把握できません。
そのため、市区町村で「固定資産の評価証明」を取得する場合は、持分関係なく、必ず所有する全ての不動産を依頼しましょう。

共有で所有する不動産はありますか?

また、上記のような場合、そもそも全く知らない市区町村に不動産が所在する場合があります。
両親や、兄弟、従兄弟などの、過去相続によって不動産が共有に分かれていて、共有で所有する不動産を持っていないか、聞いてみてもいいでしょう。
また、共有の場合、亡くなった方の持分はいくらなのか調べる際に、当該不動産の登記事項証明書を取得することが必要になります。
登記事項証明書は、電子で保管されていますので、お近くの法務局にて取得してください。

【不動産の調査手続き】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

財産に関連する項目

財産にはさまざまな種類があり、それぞれ調べ方があります。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

不動産に関連する手続きの料金

私たちは、財産にかかわる様々な調査を承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ