SBC相続サポートセンターで相続放棄 | 自らの意思で一切の財産を受け取らない方法です

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄とは、その名の通り、相続人の方が故人の財産を相続することを一切放棄することです。
相続した財産がプラスの財産より、マイナスの財産の方が多い場合に、この相続方法が取られます。

この方法を選択するには、相続が起こってから3ヶ月以内に、亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所へ「相続放棄申述書」という書類を提出します。

相続放棄申述書の書式はこちらから:外部サイト(相続の放棄の申述書 ダウンロードページ)を開きます

上記書類が受理されれば、相続人では無くなり、債務を請け負うことはありません。
ただ、気をつけて頂きたいのが、相続の放棄は一度家庭裁判所にて受理されてしまうと、特別な事情でない限り(詐欺や、強迫によるもの等)取り消すことはできません。
ですので、税理士や弁護士等の専門家に財産内容をしっかりと確認してもらい、後ほどトラブルにならないように慎重に行いましょう。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

財産を相続する方法に関連する項目

マイナス財産を引き継ぐことを最大限に避けるために、さまざまなトラブルを防ぐために、3つの相続方法があります。
3ヶ月以内に手続きを進められるよう、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

相続放棄に関連する手続きの料金

私たちは、相続方法の決定手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ