SBC相続サポートセンターで限定承認 | 債務返済後に残った財産を引き継ぐ方法です

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

限定承認とは

限定承認とは

相続というものは、故人が遺してくれたプラスの財産(預貯金や不動産等)の相続だけはなく、マイナスの財産(借入金等)も相続するというのが法律によって決まっています。
この場合、相続する財産が差し引きプラスに転じれば良いですが、例えば莫大な借金があり、結果マイナスに転じてしまう場合はどうでしょうか。

この場合に、相続で引き継ぐ財産の範囲内で故人の負債を返済し、それでもなお残った負債については支払い義務が無くなり、逆にプラスの財産の方が多かった場合には、その差し引いた部分については引き継ぐという方法を「限定承認」といいます。

限定承認申述書の提出が必要

この方法を選択するには、相続が起こってから3ヶ月以内に、亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所へ「限定承認申述書」を提出しなければなりません。

限定承認申述書の書式はこちらから:外部サイト(限定承認申述書 ダウンロードページ)を開きます

これが受理されれば、債務返済の義務から逃れ、残った財産だけを引き継ぐことができます。

ただ気を付けなければいけないのは、相続人が何人かいる場合、限定承認は全員一致で選択しなければなりません。
相続人の中に一人でも反対した場合は、限定承認を選択することはできません。
また限定承認は申術書の提出の他に、相続財産の一覧を作成したり、相続財産管理人の選任をし、債務者への弁済も行わなければならない大変時間のかかる煩雑な手続きをしなければなりません。
限定承認を選択される場合は、弁護士等の専門家に依頼して行うことをおすすめします。

【限定承認の手続き】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

財産を相続する方法に関連する項目

マイナス財産を引き継ぐことを最大限に避けるために、さまざまなトラブルを防ぐために、3つの相続方法があります。
3ヶ月以内に手続きを進められるよう、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

限定承認に関連する手続きの料金

私たちは、相続方法の決定手続きを承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ