SBC相続サポートセンターで不動産の名義変更 | 専門家である司法書士が登記します

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

不動産(土地・建物)の名義変更

不動産の名義変更登記を行います

相続が起き、相続財産の中に不動産がある場合、不動産の名義変更が必要となります。

「名義変更」という言葉は、あまり聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、名義とは、所有者のことであり、この場合、不動産の所有者の変更を指します。

不動産の所有者は、法務局に保管されている「不動産の登記簿謄本」に記載されています。
この所有者情報は、相続や、贈与、売買などにより、所有者が変わった場合に、所有者情報を書き換える必要があります。
この手続きを「不動産の名義変更登記」といいます。

不動産の名義変更には遺産分割協議が必要です

相続による不動産の名義変更を行うためには、まず相続人全員で、誰がどの不動産を引き継ぐのか話し合いをして決めなくてはなりません。
この相続人全員で話し合うことを「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議の方法に決まりはなく、実際に会わなくても良いし、 手紙、電話、Eメールなどでもまったく問題ありません。
必要なのは、最終決まった分割内容を、「遺産分割協議書」に記し、相続人全員が納得した上で署名をし、実印を押して協議書を作成することです。
一人でも分割内容に異を唱えると、分割協議は成立しません。

名義変更登記の申請

遺産分割協議書ができたら、法務局に「相続登記申請書」と一緒に名義変更登記の申請をしに行きます。

法務局は、その物件の所在地の一番近い場所にある法務局が管轄となります。
法務局に書類を提出してから約1~2週間程で、 新しい権利証が発行されます。

以上で、不動産の名義変更登記はすべて完了です。

不動産の名義変更手続き及び、分割協議書の作成は、慣れていない方がすると下準備に時間が掛かり、必要書類を集めることにもとても時間がかかってしまう作業です。
スムーズかつ揉めない分割協議を行うためには、やはりその道の専門家に依頼されるのが一番いいかと思います。

【不動産の名義変更】は、私たち相続手続きの専門家にお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

名義変更手続きに関連する項目

名義変更には、さまざまな資料を期限内で集めることが必要になります。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

名義変更手続きの料金

私たちは、名義変更手続きや、手続きな資料の収集を承ることができます。
各手続きの料金はこちらをご確認ください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ