SBC相続サポートセンターで相続税申告 | 難しい手続きはプロの税理士にお任せください

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

相続税の申告

1. 相続税の申告は期限内に、十分な準備が必要です。

相続税の申告は、亡くなってから10ヶ月以内に、現金一括納付しなければなりません。

(1) 期限を守らなければどうなるか?

もし何らかの理由で、申告期限後に相続税の申告及び相続税の納付を行った場合、「申告していないことに対する無申告加算税」と、「期限後に納付したことに対する延滞税」がかかってきます。
その税額は、本来支払うべき額に「約24%」の税額が加算されてしまいます。
例えば、500万円の税額が発生するならば、「500万円×24%=120万円」もかかってしまいます。
このような無駄な税金を払わないためにも、期限に余裕を持って、専門家に依頼することをお勧めしています。

  • 相続税申告のリミットは、10ヶ月以内
  • 期限を守らないとペナルティを受けることも!?

(2) 納税資金は大丈夫?

上記でご説明した通り、相続税は期限内に現金で一括納付する必要があります。
相続財産のほとんどが不動産で、現預金が少ないという方は、納税資金を10ヶ月の間で準備する必要があります。
不動産を売却するのか、お金を借りるのか、延納するのか、物納するのか、方法が色々ありますが、いずれにしても早く判断し、納税資金に問題がないかをきちんと確認しましょう。

  • 相続税は原則、現金で一括納付
  • 早急に税額の確認と、納税資金の確認が必要

2. 相続税の申告を専門家に頼んだほうが良い理由

(1)相続税の申告は自分で出来ないのか?

まずは下記データをご覧ください。

平成26年 事務年度※ 国税庁の報道発表資料より
税務調査12,406件 その内、申告漏れ 10,151件(81.8%)
申告漏れの課税価額3,296億円 1件当たり 2,657万円
追徴税額670億円 1件当たり 540万円

約1万件が、申告漏れ1件当たり約540万円の税金を 追加で支払っているという事実!

  • 税理士報酬

    平均 40~60万円
  • 1件あたりの追徴課税額

    平均 540万円

結果。専門家に依頼された方が安くすむ場合があります。

では、税理士なら誰に頼んでも同じなのか?

上記の申告漏れの件数の中には、一般の方だけでなく、税理士が申告した件数も含まれています。
では、「税理士に頼んでも自分でやっても同じなのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士にも専門分野があります。
医者をイメージしてください。医者には、歯医者、眼科、内科、外科というようにそれぞれ専門分野があります。
税理士にも同じく、相続税、法人税、所得税といった専門とする分野があるのです。
追徴課税を避けるためにも、相続税申告は、相続専門の税理士に依頼するべきです。

全国の税理士事務所の数は、約2.2万件(平成27年12月末時点)あります。
この内、相続税を専門とする税理士事務所は数十件です。
SBC相続サポートセンターには数少ない「相続税を専門とする税理士」が多数在籍しています。
ぜひお気軽にご相談ください。

(3)相談しただけでもお金がかかりますか?

我々は、初回の面談を無料で行っています。
まずは、お気軽にお越し頂ければと思います。
相続は、ほとんどの方が初めて体験することです。悩まれる前に、ぜひご相談ください。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

相続税の無料相談を実施しています。

(1) まずは無料相談

まずは、無料相談にお越しください。


  • 無料 面談


  • 相続税額の試算


  • スケジュールの確認


  • 申告報酬のお伝え


  • 実行

約1時間の面談(①~④)で、必要なことは全てお伝えします。

持参いただくものも難しいものはありません。
まずはお気軽にお越しいただければ我々がやさしくサポートいたします。

このようなお悩みをお持ちの方は専門家のサポートが必要です。

  • 相続税がかかるかどうか分からない
  • 初回の無料面談で概算税額の試算を行います。
  • やらなきゃいけないのはわかっているが時間がない
  • 平日夜間や、土日祝日も対応しています。
  • 申告期限がぎりぎりになってしまったが頼めますか
  • お任せください。(※別途特急料金がかかる場合があります。)
  • とにかく何からすればいいのかわかりません
  • まずは初回無料面談にお越しください。

私たちがお客様の相続税のお悩みを解決いたします。

相続税とは

相続税とは亡くなった方の財産の評価額が、「相続税の基礎控除額」を超える場合、その財産を引き継ぐ相続人に対してかかってくる税金です。
平成27年の1月1日以降亡くなった方より、この基礎控除額は改正され、現在では

相続税の基礎控除

となっています。
例えば、亡くなった方の相続人が、「妻と子2名」の場合の基礎控除額は、

相続税の基礎控除 相続人3名の場合

となります
この場合、相続財産が4,800万円以下であれば相続税はかかりませんが、相続財産が4,800万円を超えてくると相続税がかかってしまいます。

相続税が発生する基準は、相続財産が基礎控除額を超えるかどうかです

また、相続税は「申告納税方式」と呼ばれる〈申告をする必要がある人が自ら、相続税法に従って計算して申告〉しなければなりません。
待っていたら、税務署から請求されるわけではありません。
まずはこの相続に相続税がかかるのかどうかを確認し、期限内に然るべき手続きを進めましょう。

相続税がかかるかどうかを確認したい方は、下記をご覧ください。

相続税の申告手続き方法

相続税がかかってくると既にわかっている方は、故人がお亡くなりになられてから10ヶ月以内に相続税を計算した上で、[税務署に申告書を提出]し、[相続税を現金一括納付]しなければなりません。
なお、この期限が土曜日、日曜日、祝日などに当たるときは、これらの日の翌日が期限となります。

またここで注意しておきたいのが、申告期限に申告書の提出・納税が遅れたり、そもそも申告・納付する必要があるにも関わらずしなかった場合、本来の税金に加えペナルティとして追加で税金がかかってしまいます。
こんなことにならないためにも、相続が起こったらなるべく早く専門の税理士に申告の相談をしましょう。

SBC相続サポートセンターは、初回のご相談が無料となっており、初回でお客様の相続財産の概算金額や、概算の相続税を確認し、相続に関わってくる諸手続きの方法やスケジュールを分かりやすく丁寧にご説明いたします。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

相続税に関連する項目

相続税がかかるかどうかの判定や、相続税の申告報酬等、ご不明な方はお気軽にお問合せください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ