相続税がかかるかどうかの確認 | 相続サポートセンター

SBC相続サポートセンターでシミュレーション | 簡単操作ですぐに税額の計算ができます

「何から手をつけたらいいのか分からない」そんなお悩みもお気軽にお問合せください。無料相談会を実施しています。

お問合せ 専門家による無料相談会を実施しています。 メールでのお問い合わせはこちら

相続税がかかるかどうかの確認

相続税がかかるかどうかの判定『相続税額シミュレーション』

相続税がかかるかどうかは、原則自身で行わず、専門の税理士に依頼することをお勧めします。
相続財産の評価や税額の計算は、複雑な計算や、高い専門性が必要になる場合がほとんどだからです。

ひとまず簡易で確認したい方は、下記 『相続税額シミュレーション』 をご利用ください。
相続財産の概算金額を入力することにより、簡単に相続税額を確認することができます。

相続税額シミュレーション

Q0 お亡くなりになった日は?

2014年12月31日以前
2015年 1月 1日以降

Q1 配偶者はいますか?

いる        いない

Q2 相続人は何名ですか?
Q3 財産は全部でおいくらですか?

納税額を計算する

  • 相続税額は
  • 20000
  • 万円です(概算)

※上記税額は配偶者の税額軽減等の各種特例の適用前の税額となります。

相続税が発生した方へ

上記シミュレーションで相続税額が算出された方は、相続税が発生する可能性が高いです。
しかし、相続税は配偶者が居たり、自宅を相続する場合など、各種特例を使うことができるため、相続税を抑えたり、ゼロにすることができる場合があります。
相続は、人によって財産内容も違い、相続人も違い、それぞれの考え方も違ってきます。
まずはお気軽にご連絡いただき、お客様の相続についてご相談ください。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

相続税が発生しなかった方へ

上記シミュレーションで相続税額が算出されなかった方でも、不動産や金融機関に預け入れている金融資産等の名義変更が必要となります。
名義変更をせず置きっぱなしにしておくと、いつまでも相続人の自由に使うことができないだけでなく、トラブルに巻き込まれる原因となります。
それはあなただけでなく、あなたの相続人である子供にも そのトラブルに巻き込まれる危険性があることにご注意ください。

また、上記シミュレーションはあくまでも概算の計算となりますので、相続税が完全にかからないというものではありません。
気になる方は「SBC相続サポートセンター」へお問合せください。

【相続財産の名義変更】については、SBC相続サポートセンターへお任せ下さい。

無料相談会を実施しています 0120-57-5489 メールはこちら

追徴課税を避けるためにも大切です

相続が起きたら、「相続税がかかるかどうかの判定」を行うようにしましょう。

相続税がかかる場合、10ヶ月以内に「相続財産の評価」をし、「遺産分割協議」を行い、「相続税申告書」を作成した上で、管轄の税務署に対し「申告書の提出」及び「相続税の納付」をしなければなりません。
申告及び納付が遅れてしまった場合、延滞税や、過少申告加算税といった追徴課税がかかってしまいます。

また、相続税の納付は原則現金一括納付となりますので、納税資金の準備をするためにも早めに相続税がかかるかどうかは確認しておきましょう。

税務署からお尋ねが届いたら

税務署から相続税についてのお尋ねが届いたら、相続税がかかる可能性があります。

税務署は、相続税がかかりそうな人をある程度リストアップしています。
ですので、もしお尋ねが届いた場合は、税務署は故人の相続財産をある程度把握していると見て間違いないでしょう。
この場合、相続税はかからないだろうと思っていても、きちんと相続財産を洗い出し、税額がかからないかどうかを専門家にチェックしてもらうことが必要となります。

相続税に関連する項目

相続税についてや、相続税の申告報酬等、ご不明な方はお気軽にお問合せください。

お役立ち情報 相続手続きリスト 相続の流れを確認する お客様の声

相続に関するお手続き一覧

Copyright © 税理士法人SBCパートナーズ